Heroの様々な体験

アクセスカウンタ

zoom RSS マイクロソフトの奴め、またチョンボをした

<<   作成日時 : 2017/04/20 12:50   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の午前10時から午後の4時まで新しいパソコンの前に張り付けだった。
このパソコンは新しく購入したものでWin10 64bit Home & Business PremiumでWinのソフトのうちOffice製品のトラブル、使い方についての指導が1年間無償でついているものだ。

これが家に着いたのが3月の20日だから今日で1ヶ月になるのだが未だしっくりと使用できていない。と言うか、今まで使用していたWin7やWin8.1からWin10にアップグレードしたものと比較してもあまりにも隠れているものが多く、あるいは表現が違っていて使い切れていないと言うのが現状なのだ。

そんな中で、とんでもないトラブルが発生した。
Outlook16で受診したメールを紙面にしようと印刷にかけたら黒い太い一本の横線だけが印刷されて文字などは全く印刷されないのだ。この書類は急いでいたので他のウェブメーラに転送してから印刷した。これは正常に印刷できることが証明できたのでパソコンに何かおかしなことがあると判断しマイクロソフトのサービスに電話をした。

前述したように1年間の無料サービスが付いているので、すぐにリモートでアクセスして、私の画面を両方で操作できるようにしたうえでサービスを開始した。この対応はoffice全体にかかわると言うよりOutlookを担当する部署が対応してくれた。私がOutlookの不具合しか報告していなかったためだ。

どこをどのように触ったかわからなかったが、マイクロソフトの担当者はパソコンから外側には情報が正常に出ているのでプリンター内部の問題か、接続にあるのではないかと言う判断をされて、プリンター(エプソン)に問い合わせるように指示を受けた。

今度はエプソンとの交渉だ。最初のエプソンの担当者はパソコンにあまり詳しくなかったようだが、一応、リモートではないがパソコンの内部にまで踏み込んで、マイクロソフトと同じ様なことをしたうえで最新のドライバーを再インストールした。更にノズルチェック等を行い。プリンター独自のテストプリントをした。この時もやはり線と図形だけしか印刷されなかった。

今度はエプソンのサービスマンが、ここまでやって印刷できないのはパソコン内部のどこかに不具合があると言い出し、再度マイクロソフトに電話した。この時の担当者はつっけんどんで、
両方の機能が満足しているうえでのトラブルを解決するのが私たちのミッションだと、けんもほろろに跳ね返されてしまった。

また、エプソンに電話するわけだが、その前に何か自分でもっと情報を提供するこが出来ないかと思い。いろいろと試してみた。まずはWordの文書、Excelの表、キャプチャした図形や写真などを印刷してみた。図形や写真は正常に印刷できた。つまりプリンターは正常に動いていると言う事だろうと思ったし、Officeのソフトが異常になっているのだと直感した。

そこで念のため予備として使用しているWin7のパソコンにつなげて印刷してみた。このパソコンとは切り替え機でつながっているので簡単にプリンターを切り替えられるのでこの時は便利だった。
こちらではすべての機能が正常だった。Outlook, Word, Excel、キャプしたもの写真なども正常に印刷できた。ここまでくれば新しいパソコンのOfficeのソフトに異常があると言う事に確信が持てた。しかし、どう対応していいかわからないのでエプソンを飛ばして、マイクロソフトに3度目の電話をした。

今度は若い男性の担当者が出てきた。この担当者には先ほど私が実験したことをすべて話したうえで、再度リモートでのサービスを依頼した。

この担当者も最初の担当者と同じ様に定型的な作業をしたが直らない。色々印刷しているので机の上は紙の山だ。この担当者もあきらめかけエプソンの名前を出し始めた。

そこで私が、「今までのパソコンでは数日前の状態に戻す復元機能がある。事によるとここ数日の間に公開ソフトが自動でインストールされて不具合が起きている可能性があるのでそこの出戻してみよう」と提案した。

彼もそれはやってみる価値はあると言い出し、やってみることにした。ところがWin10はどこに何が入っているのか分からない。素人どころか専門家のサービスマンもわからずまごまごしている。アッチコッチ探すこと約10分、やっと復元点を設定すると言う画面にまでたどり着けた。

同じ日に2つのソフトがインストールされていたが、セキュリティーに関するものが怪しいと言う事になり、こちらを削除し、数日前の状態に戻した。かなりのプログラムの削除だったし電源の入れ直しをしていたのでそこで随分時間を取ってしまったが、これが正解ですべてが印刷できるようになった。

ところは彼が削除したセキュリティーソフトが本当に悪さをしていたのが再検証をするために
再インストールしたいと言い出した。もし、このソフトが悪さをしていれば他の人にも同じことが起こると思うから検証したいのだそうだ。

仕方なしに付き合う事にし、更に30分彼に付き合った。再インストールしたセキュリティーソフトは正常に動いているようで全てのもの印刷できている。

一体どこが悪かったのだろう? そして担当してくれた彼の対応レポートには何と書かれるのだろう。しかし、言えることは私のパソコンにおいてはこのセキュリティーソフトが何らかの形で悪さをしていたことは間違いないのだ。

もう一つのブログはここから入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイクロソフトの奴め、またチョンボをした Heroの様々な体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる