Heroの様々な体験

アクセスカウンタ

zoom RSS ネットで詐欺・・・・私の所にもメールが

<<   作成日時 : 2017/04/28 09:35   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ネット通販を利用した詐欺が増えているいと言う事だ。
この詐欺の方のやりかたは大きく二つに分かれるのではないかと思う。

一つは大手の通通販会社が展開している店の中に架空の店を出すことだ。この店にはいろいろと商品を並べてあり、まるで百貨のような品揃え装っている。品物の写真は他のサイトから盗用しているし、価格はオリジナルで出店しているところよりは安く設定している。

この詐欺ページにお客さんを引っ張り込めば大成功だ。客が品物をきめ、発注するこの時、現金の振り込みをすれば、現金はちょくせつ犯行グループの管理する口座に吸い込まれていく。
犯行グループは、もともと品物を届ける気などは無いから、お金を払っても品物が来ないと言う詐欺事件になる。大手の信頼ある名前の陰に隠れた卑劣なやり方だ。

このような方法はどちらかと言うと網を広げて、良い獲物を待つと言う、何方かと言うと
受動的なかたちだ。

一方、もう一つの方法は、通販大手間名前を使って偽メールを出し、そこに偽サイトに導くURLを窓口にして中のサイトに引き込みそのサイトの中で買い物をさせると言う方法で。こちらでも詐欺をするグループは品物を販売するつもりはないから、現金の振り込みを受ければ,そのままトンヅラしてまったり、クレジットカードの場合はカードの番号などを教えてしまえば、その番号を悪用される可能性もある。一番大きな個人情報である、名前、住所、電話番号など
を品物の受け取るためとして開示してしまうこと。こちらは少しは自分で動いて客をゲットすると言う事で能動的だと言えるだろう。
画像
画像


このような詐欺の話を聞いているさなかに私の所に詐欺メールがきた。差しだし人の所には
大手の通販会社の名前が書いてある。しかし、大手の通販会社が直接名前を出してひとつ品物を安く販売することはないと言える。

実際に通販を使用している私にはこれは「これは偽物だ」とピンと来た。この内容と同じ偽メールが他の大手の名前を使って来たこともある。しかし、ここに貼ってあるURLが同じなので同じサイトに誘引されてしまう事があるのだろう。

過去には航空会社名前、宅配業者の名前を使ってきたことがある。

詐欺を知能犯だから彼らの知能に負けない常識や知能、それに感をもって対応と引っかかってしまうので注意を要する。便利だけれど、いやな社会になったものだ。

もう一つのブログはここから入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネットで詐欺・・・・私の所にもメールが Heroの様々な体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる