Heroの様々な体験

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍さんの憲法発言

<<   作成日時 : 2017/05/04 08:31   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の憲法記念日にあたって安倍さんがビデオメッセージで憲法の改正についての持論を述べた。 要約すると
1. 九条の一項、二項をそのままにし、三項に自衛隊の存在を明記する
2. 高等教育の無償か
3. 2020年には施行したい
と言うものだ。これは安倍さんの私見と言う事だろうが、国会にある衆議院憲法委員会に大きな影響をもたらすとこは確実だ。
画像


朝日新聞デジタルからキャプチャー

民進党は安倍さんの安倍さんのための憲法改正案だと非難している。公明党が一番もっともらして評価をしているが、憲法は国民のもので国民の総意が必要だ。つまり、国民投票だ。

しかし、憲法を全面的に改正すると言う自民党の試案や各党に試案があり、今度の安倍さんの発言がまた大きく影響することになるのだろう。しかし、いずれにしても国会が発議し国民投票にもっていかないと、動けない。

憲法委員会が遅々として進まないことに安倍さんが茶々を入れたようも見える今回の安倍さんの発言には少し焦りが感じられる。安倍さんは自分の時代にどうしても憲法を改正し、今後、何十年間は恐らく「安倍憲法」として名を残したいと言う思いがあるのだろう。これが民進党の言う安倍さんの安倍さんのための憲法改正なのだ

国会の発議に必要に両院の3分の2を占めている改憲派議員がいる間にと言う単純な発想では国民が納得しない憲法になってしまうだろう。

憲法を改正するにあたっては国民がその気になってもっとじっくりと検討していかなければならないと思うのだが!! 公明党の言う加憲と言うのが国民には一番わかりやすいのではないのだろうか。

世論調査でも憲法九条の戦争の放棄に誇りを持っている人が80パーセント以上だし、この部分を変えるべき出来ないと言う人も60パーセントを超えている。

世界情勢や国内の情勢の変化を見れば、憲法を改正する時期に来ているとも考えられるし、自民党がよくやる、考え方の定義を広げて対応すると言う事も考えられる。

色々な考えがある中で期限を区切って憲法の改正論議をするのは正しいとは思わない。
2020年はすぐ目と鼻の先のことだ。とてもじっくりと憲法を論議すると言う時間ではないと思う。

安倍さんがなぜ高等教育の無償化を上げてきたかは疑問であるが、憲法の改正に賛成する数の増加を見込んだ先述のようにしか見えない。

とに角、衆議院の憲法委員会が安倍さんの発言に踊らされることなく国民のためになる憲法の論議を進めてもらいたいと思う。

もう一つのブログはここから入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍さんの憲法発言 Heroの様々な体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる