Heroの様々な体験

アクセスカウンタ

zoom RSS 購入して二ヶ月のパソコンが大暴走

<<   作成日時 : 2017/06/14 09:30   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんなことが最近のパソコンで起こるのかと言うような信じられないパソコンの暴走にあった。

良く、熱暴走と言う言葉を聞く。どんどん小型化して行くパソコン、中のプロセッサーがオーバーワークで発熱する。古いパソコンの手入れが悪く冷却がうまくいかなくて発熱する。
設置場所が悪く冷却がうまくいかずに発熱する。あるいは一度に多くの仕事を発熱するなど。熱暴走の原因はたくさんあるが、いずれも電源が落ちる。画面がチラつく、マウスポインタ―が勝手に動いて制御が効かない程度の軽いものだ。

しかし、私が経験したのはそんな生易しいものではない。
一昨日、とんでもない、信じられない暴走に遭遇した。

暴走が起きたのはほぼ新品と言って良い二か月前の4月17日日にメーカーの直販店で購入したものだ。このパソコン癖が有りなかなか上手く制御できていない所が有るのだが、暴走は全く普通のメールソフトを利用している中で起きた。

私はメーラーにOutlook2016を使用している。
Outlookを立ち上げ。送信するメールの作成をしていた。文書の作成中にキーを間違えて打ったしまった。つまり、現れている文字を消さなければならないので、Back Spaceを打った。

ところがである。何とこの一文字消すと言うコマンドが暴走し今迄で作成した文書を後ろから一文字ずつ消し始め、結局、作成した文書を全て消してしまった。

更にはそのページの下にある署名エリアの文章を今度は最初の部分から消し始め、アレょ、アレょと言う間にこのエリアの文書も全て消してしまった。

更に、更に、この暴走は止まらないで、左側に出でいた受信トレイの文書を全て消してしまった。
受信トレイの中には、既読、未読が存在していたがその全てが消えてしまったのだ。

全く手が出せない、一瞬の出来事だった。止めるためにどのキーを打てば良いのか分からないし、打つ術もない状態で全ての記録が消えてしまった。

この後、消えた文書類がどこ奈に残っていないか、探してみたが、残念ながらこのパソコン、或いはプロバイダーのサーバーの中にもなかった。
作成途中の文書は再度書けばいいとして、受信トレイの中には未読の文書がたくさん残っていて、未読の中には返事を要求されている物や、重要な内容の連絡があったかもしれない。
これが全てできないと言う事は送ってくれた人や組織に対して不義理をしてしまう事になる。
大変な事態なのだ

不思議なことに送信トレイと削除済みトレイの文章は消えていなかった。
この不思議な大暴走。実は三つのコマンドが必要なのだが一緒に暴走したことになる。
始まりは私がBack Spaceを押したことだ。まず最初のコマンドだ。
下の図で説明する

画像

                クリックで拡大―します

まず作文エリアの赤丸の所をBack Spaceで消したら。赤丸が左に移動して作文エリアの文字を全て消したのだ。

次に署名エリアの右矢印から始まりこの署名エリアを消してしまった。
署名エリアの消え方は文書の初めから消されていたので、これにはDeleteのコマンドが必要だ。

更に左側にある受信トレイに並んでいた項目や文書を上向き矢印の様にしたから上に向けて完全に消してしまった。これには、普通の削除のコマンドだけではなくShift+削除と言う特別な動作をしなければ出来ないコマンドの動作なのだが、これが一斉に起こってしまうと言う。何とも理解しがたい大暴走なのだ。

この暴走についてマイクロソフトとパソコンメーカーのカスタマーサービスと散々やり取りした内容は次に書きたい。

もう一つのブログはここから入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
購入して二ヶ月のパソコンが大暴走 Heroの様々な体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる