Heroの様々な体験

アクセスカウンタ

zoom RSS 今度は中国人だ

<<   作成日時 : 2017/06/04 09:07   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

6月2日は開港記念日で横浜市立の小学校は休みだ。昨年のこの日に孫を連れて大宮の鉄道博物館に行ってきた。理由は平日で横浜の子以外は行かないから空いているはずだと言う単純なものだったが、孫はこのことをよく覚えていて、4月の終わりから「鉄道博物館に連れて行って」とせがんできた。

と、言う訳で6月2日にまた鉄道博物館に行ってきた。
男の子だから鉄道、列車、動くものに関心を持つのは当然のことだ。ここでも彼は昨年の事を覚えていて、自分で体験できる運転手教室や運転シミュレーター、ミニ電車の運転などは最初から頭に入っていて、時間の予約有るものは入館して一番に予約をするために走って予約表に書き込み、整理券を入手していた。

運転手教室は希望通りに予約できたが、ミニ電車の運転はなんと16時半の割り当てしか空いなかった。この時間でミニ電車の運転体験をすると、帰りの横浜への到着時間は19時近くになってしまう。諦めさせようと説得したが、頑として聞かない。彼の目的の一つだからだ。
画像


鉄道博物館の最寄り駅に着いたのは11時過ぎだ。長い通路を歩いていると大型の観光バスが何台も止まっている。これは混んでいそうだと直感した。案の定、既に大勢の入館者であふれていた。周りから聞こえるのは中国語ばかりだ。中国の団体さんが入館しているのだろう。

よく見ると色々な中国人がいる。若い男性ばかりのグループ、カップル、お年寄りを含めた家族連れ、小さな子供を連れた若い夫婦などだ。

この人たちが全部同じ団体のバス出来たとは思えない、恐らく小さな子供を連れた若い夫婦は
日本で勤務している中国人ではないかと思う。

共用のスペースで食事をしている時などは全方向から中国語が聞こえてくる有様だ。
もう一つは、中国人の若いグループは運転のシミュレーターが目的で来ているようにも感じたことだ。彼らは団体で動いているし、シミュレーターの周りは彼らが列を作って待っている。

孫のも目的も運転シミュレーターを体験することだから彼らの目的と一緒だ。どうしても中国人たちの後ろに並ぶことが多くなってしまった。

これが大変なことで、普通の倍以上時間がかかるのだ。いきなり運転シミュレーターに取り組むわけだから、どうしたら良いのか分からない上に、運転の操作が書いてある案内が日本語だけで読めないから右往左往している感じなのだ。

孫は昨年、今年と運転手教室でレバーの使い方やブレーキ操作を勉強しているから、動かせることは出来るのだが、中国人たちはいきなりシミュレーターに来るので操作の方法が全く分からないのだ。

昨年来た時には、周りは韓国人だらけだった。今年は中国人だらけだ。政治の世界の様相がこんなところにまで影響しているのかと驚くほどだった。

しかし、この博物館の案内は日本語が主で、英語もところどころだけだが英語で、殆ど世界対応はしていない。これだけの外国人が入館しているのだから何らかの手を打つべきだと思うし、2020年のオリンピック、パラリンピックに向けての準備も必要だろうと思った。

孫は、また、来年も同じように行きたがるだろう。体力的には大変だが歩ける間はできるだけ
孫の要望に応えようと思っている。鉄道博物館の世界対応も見込物の一つとして考えれば面白いかもしれない。

この日は、結局、孫を送り届けたのが19時近くになってしまった。

もう一つのブログはここから入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今度は中国人だ Heroの様々な体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる