Heroの様々な体験

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍さんも必死だ

<<   作成日時 : 2017/07/14 10:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

自民党も安倍さんのあれだけ必死で拒否し続けて来て安倍さんの予算委員会の閉会中審査に、ついに安倍さん自らが出席すると言い出した。昨日の事だ。

昨日の自民党内部は忙しかったに違いない。竹下国会対策委員長は何のためにいるのかさえ分からないような駆け引きがあったのだと思うし、最後まで防波堤だった竹下さんが安倍さんの一言でコロッと言う事を変えるなどは安倍さんがいかにワンマンで自分の思っている事は何でもできると思っている節の証だろう。

公明党も脇からもっともらしい事を言っているが、自分の所に火の粉が飛ばないことを重々承知しての対応だし、安倍さんに何かあっても、また、別のリーダーの尻についていくつもりだと思うから勝手なことを言っているのだろう。

野党は安倍さんに何を質問するのだろうか?
何時ものように委員会の会派の勢力で質問時間が決まってくると言う事をやっているのでは自民党が多くの時間を援護射撃に使うだろう、これでは何にも意味がないと思う。もともと、安倍さんを招致して委員会の開催を反対していた自民党に的確な質問が有るのかどうもわからない。ただ単に時間潰して援護射撃をするに決まっている。

野党はこの会議の開催をずっと求めてきたのだから、それなりの質問や疑義に対する回答を要求するだろうから、野党だけの質問にしたらいいと思うのだが!! この辺りにも国会の改革が有っても良いのではないかと思う。

安倍さんが出席しても安倍さんからは何も答えが出てこないだろうと思う。恐らく安倍さんは思いを語っていただけだと答弁するのではないだろうか。つまり、先日名前が出て来た直近の部下が「忖度」して、「総理が言っている」とか「官邸の上層部がいっている」と言わせた張本人を割り出し追求した方がいいと思う。

安倍さんは質問に対する回答をはぐらかすことが上手いし、質問の趣旨と違う回答をして時間を使わせると言う手で対抗してくるから、何も成果が上がらないと思うし、安倍さんが一番トップだから、安倍さんにはぐらかされたら、この問題の本質までたどり着けなくなってしまう。

安倍さんは支持率を上げるために必至だろう。野党はそれを突き崩せるだけのネタと話術で対応し、安倍さんの逃げるのを止めて新しい真実を一つでも二つでも引っ張り出してほしいと思う。

もう一つのブログはここから入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍さんも必死だ Heroの様々な体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる