Heroの様々な体験

アクセスカウンタ

zoom RSS 都議会選挙で見えたもの

<<   作成日時 : 2017/07/04 11:48   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

公明党のコウモリ体質は健在。自民党は都議会、政府とも反省の色なし。民進党は民社党と同じ道をたどっている。都民ファーストは小池さんの名前での選挙。小池さんが代表を辞退したので詐欺のように見えた。
共産党は一歩ずつ着実に地位固めをしている。

私には上記のように見えた。

公明党
恥も外聞もなく勝ちそうなところとくっつく。とにかく野党では何もできないことを知っているので、与党になれれば良いとしている。その上で公明党が実現させた大口をたたき創価学会員を増やしていく。
創価学会員も良く悪くも右向け右で付いて行っていると思う。「お前死ね」と言われたら死ぬのだろうか!?
うちの叔母は間もなくこの世に別れを告げるだろう。資産家だ。元気な時にはこの金を目当てに学会員が大勢押しかけてきていたが今は知らん顔だ。まさにコウモリと言うところだろう。

自民党
大敗して幹部が口を揃えてのコメントで「体制のゆるみ」だと言った。そんなことは選挙前から分かっていた。あちこちで不祥事が発生し、だれも責任は取らないし、叱りもしない。要するに容認していたわけだ。
一番の元凶は安倍さんだ。力に任せて何んでもやれると言う「おごり」が有ったが反省がなかった。
これは独裁に等しい。誰もが嫌になる。
今から反省し、次のステップで一つ一つを「丁寧に」説明していくと言う。「丁寧」って一体なんだ?
都議選前から「丁寧に説明する」がたくさんあったが、上述のようにどこにも「丁寧さ」を感じなかった。
これからも同じようにゴリ押しの政治をするのだろう。(これは都議会自民党ではなく政府自民党だが)

民進党
蓮舫さんがいくら演説しても民進党の考え方が伝わってこない。何をもって政党を作り何処に進もうとしているのかがさっぱり見えない。これでは離党者が出るはずだし、支持者が減っていくはずだ。
支持母体の連合さえ他の党との連携を探っているような状態だから、この政党もそう長くはもたないと思う。
社民党がたどったのと同じような落ち方をしているのに反省はないのだろうか。

都民ファースト
風に乗って大勝したが、小池さんの名前で勝ったようなものだ。その小池さん、単独では過半数には届かなかったが二元代表制を名前の上で確保するために代表を辞任した。恐らくこれでは名前だけの二元代表制で、知事と議会がまたズブズブの関係になるだろう。議会は小池さんの思いを訳もなく実現させるだろうし。議論など起こらないだろう。今の自民党の力ずくと同じ様な事が起こるのではないだろうか。
今回の選挙で候補になった人たちは「自分ファースト」の人が多い様な気がする。これではトランプと同じだ。

共産党
共産党と聞くだけで嫌気がさす人が多いが、どの選挙でも着実に当選者を増やしているのは不思議だ。落ちても、落ちても候補者を立ててくる力と金はどこから出てくるのだろうか?
今回の選挙でも当選者を増やしている。その原動力はどこにあるのだろうか?
共産党の考え方は結党以来微動だにせずに営々と続いている。これが支持者を増やしている原動力なのだろうか?
終戦直後の共産党=赤と言うイメージが近寄りがたいものにしているのは確かだと思うので党名を変えたら
支持者がもっと増えると思うのだが!! 変えないのが共産党たる強さなのかもしれない。

もう一つのブログはここから入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都議会選挙で見えたもの Heroの様々な体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる