Heroの様々な体験

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍さんは矢張りポチだ

<<   作成日時 : 2018/06/14 10:23   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

米朝首脳会議が終わり、その内容がボチボチ出てきているが、その内容たるや何ていう事は無い今迄の蒸し返しに過ぎない事ばかりだ。トランプは自慢気に話をしているが、結果は全く無かったと言って良いのではないか。

画像
ヨミウリオンラインから転載 クリックで拡大します


核の廃棄についても「もはや核の脅威は無い。今夜はぐっすりと眠れる」と言っているだけで内容はハッキリしていない。核を怖がっているのはアメリカだ。北朝鮮が、もし核の廃棄を始めたらその費用は日本と韓国が支払うべきだと勝手な事を言っているが、現実に核兵器を積んだミサイルを怖がっているのはアメリカだ。それを日本と韓国に支払わせるなどとはとんでもない事だ。

政府は「実際に核の放棄を始めたらその初期費用を払う準備がある」と言った。アメリカの脅威を削除するための費用を日本が支払うのか? 現実が見えていない証拠だ。

アメリカが公言していた「完全かつ検証可能、不可逆的な非核化」の文言が無かったうえに、米韓の軍事演習を中止するとまで約束している。果たして北朝鮮は一体何を約束したのだろう。

北朝鮮がアメリカと直接対話をしたかった唯一の理由は軍事攻撃され、体制が崩壊することの懸念からだろう。その直接対話を実現にこぎつけて実施しここまでの約束をさせたのだから、この米朝首脳会議は北朝鮮の勝ちだと言っても過言ではない。アメリカはその敗北の費用を日本と韓国に負担させようとしている。しかも日本政府は一部それを認めている。とんでもない事だ。それだけの金が有ったら国内の課題の多くが解決できるだろうに!!

更に拉致問題なついても安倍が日参したような感じでトランプに依頼したのに対して「提起した」と言うトランプの発言と、その問題について金正恩は無回答だったと言うだけで日本政府は一歩前進したと評価した。金正恩は単に答える必要はないと黙っていたにすぎないのだと思う。進歩が無かったと結論付けるべきだろう
日本政府はこんな甘い考えだからトランプに付け入られているのだと思う。

海のプラスチックごみの問題だって同じことだ。四面海に囲まれている海洋国の日本が率先してサインすべアメリカに追随してサインをしていない。理由は「国内の法整備が整っていないから」という物であったが、これから国が率先して法整備を推し進めると言うのが本筋ではないのだろうか!!

トランプの考えは単に国内の企業に費用を負担させたくないと言うトランプ独特の経済理論があるためだと考えられるのに、なぜ日本がこんな考えに追随しなければならないのだろうか?

どんな時にでもアメリカに追随している安倍と日本政府はまさに「アメリカのポチ」と言っても良いだろう。

もう一つのブログはここから入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍さんは矢張りポチだ Heroの様々な体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる