世間の常識が通じない亀田一家がまた我侭を言っている

いつも世間を騒がせている亀田一家と亀田ジム、またまた騒動を持ち出した。父親のセコンドライセンス停止を早く復活させろとわめいている。文部省にも直談判をするとまで言っている。何でも自分達の思い通りにしないと気がすまないらしい。

大毅が世界戦に判定で負けたときには判定がおかしいと難癖をつけ最終的には再戦に持ち込んだ。
これも彼ら一流の常識のなさだ。兎に角、自分達の思い通りに行かない時にはどんな手を使っても自分達のものにすると言う亀田家流のやり方だ。その最たるものが大毅VS内藤の世界戦でなりふり構わずの反則をやった事だ。

この時には一応、父親の代わりに興毅が謝罪会見をし、父親の史郎がセコンドの資格の停止をされた上で所属ジムを追われて一件落着を見せたが、今度はこの史郎のセコンドの資格復活をあからさまに要求し始めた。自分で謝罪もできない父親がセコンド等務まるのか?

兄、興毅が内藤に勝ちチャンピオンになったこと、大毅のゴリ押し世界戦が再現できたことと関連しての今度の要求であろうが彼らにはまだ本当の意味で世間が亀田家、亀田ジムをどう思っているのかが分かっていないようだし、さらに世間の常識と言うものがどう言うものなのかが分かっていないようだ。

大毅の世界戦が再現できたのは亀田ジムの執拗なクレームにチャンピオン側が折れたためだろう。
チャンピオン側にすれば世界戦でファイトマネーが入ってくるのだから再戦もやぶさかではなかろう。あの世界戦からはもう相当に時間もたっているし、チャンピオンとしては決められた世界戦を誰かとやらなくてはならない時期に来ているから、これに大毅が当てはまったとも考えられるだろう。

それにしても常識が通じない人達だから史郎の資格を復活させたらまた何かやらかすか分からない。それでなくても資格停止期間中にトレーニングに参加したというくらいの前科の持ち主だから
こう言う人間はスポーツ界から永久に追放しても良いぐらいなのだ。まだまだ資格の復権は認めないほうが良い。

もう一つのブログはここから入れます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック