昨夜のウルグァイ戦・・惨敗 悲しいかな進歩が無い!!

宮城スタジアムで行われた日本VSウルグァイの強化試合のテレビ中継を見た。強化試合だか両チーム色々な意味合いを持って試合に臨んでいたと思うのだが、残念ながら日本チームが意図していたことがあまり良く分からなかった。

考えるにコンフェデで惨敗し、東アジア選手権で別チームを組んで何とか優勝したので事で、あと一年待たたないうちに始まるブラジルワールカップに向けての人材確保、招集した人材の現チームとの融合、どの様に使えるかを調べるための物だったのだろうと思う。

ウルグァイと格上の強敵チームとの対戦ではもってこいの強化試合で何かを見つけられたのだろうか。この試合の最終結果は2―4と言う結果であったが試合内容では惨敗と言う様に見えた。
試合前に素人ながら私が予想して2点差の負けは当たったが私が予想したのは1―3だった。
まあ両チームがそれに花をつけてくれたのだが試合の中で見せてくれたウルグァイ選手の球捌きの速さ、スピードの速さ、パスの速さが際立って印象に残った。
画像

                   ボールを取りあう今野とスアレス  ニッカンスポーツから転載

この両チーム、背丈はさほど差が無いが体格では矢張り大分敗けていたように見えた。日本人は細すぎるし腰が低い割には安定性が無いように思えた。スポーツの世界では腰の低い選手の方が小回りが利くと言うのが定説だが、ボールに対する反応、切り替えの早さなどはウルグァイの選手に敗けていたような気がする。


パスのスピードの差も目に見えて違っていた。日本選手の比較的ゆったりとしたパスをウルグァイの選手がパスコースを読むと言うか、ボールによるスピードで日本選手をはるかに上回っていたので、何と日本選手がパスを受ける瞬間にその選手の前に出てパスをカットすると言う場面が多く見られた。相手チームを研究してはいたのだろうがパスの遅い日本のサッカーを逆に研究されていたように見えた。
もう一つ守備の良い相手チームを崩すのにワントップと言う先日が本当に有効だったのかと言う事だ。しかもこのチームで初めて先発出場した柿谷には少し荷が重かったのではないだろうか!!

監督の意図していることが新選手起用、だったと思う。この新人のトップが堅守のウルグァイに通じるとでも思ったのだろうか?  途中で豊田に変えてはいたが、いっそツートップにシステムを変更して柿谷、豊田に任せた方が新しいアイディアが出てきた様にも思えるのだが。

得点したのは何れも従来の固定メンバーだった。この2人のゴールはそれぞれの選手の徳地陽生が生きていたと思うし、一点目は堅守のウルグァイの守備を良く崩したと思う。この式は日本の攻撃陣がたくさん相手ゴールの前にいたからなのだろうが、こういう形をいつも作れるようなチームにならないと追加で点を取るのは難しいだろう。

対するウルグァイは堅守からの速攻、特に2人のフォワードのコンビネーションが物凄くすぐれていたため中盤で取ったボールを直ぐにこの2人に預けていた。徹底してカウンターだ。日本選手が前掛かりになっているものだから何度も危ない局面が有った。

ゲームが終わってからのボール保持率は日本の方が上だったと言う。これは日本が如何にフルグァイのゴール前でボールを回すだけで切り込めて行けなかったかを表わしていると思うし、ゲーム終了後の反省はこの体系からゴールが奪えなかったことに対する物ではなく、守備の崩壊に重点に置かれている。この書日の崩壊は敗戦の試合では何度も聞いている。これだけの選手を集めていて毎回、守備の崩壊し言う言葉はもう聞きたくない。

監督の仕事は弱かったところを修正することにある。次回の国際大会までにはザックは言葉ではなく成果でこの修正が上手く行ったことを示してほしい。昨日トライしたことを反省し、良い選手の発掘をしてほしいと思う。少なくとも「相手が上」等と言う言葉を吐いてもらいたくない。

もう一つのブログはここから入れます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック