カブトムシ・・・羽化までもう少し時間が掛かりそうだ

カブトムシが蛹室を作っているガリガリ、ゴトゴトと言う音がしなくなってから三週間以上経つ。
昨年は6月6日に初めての羽化を確認しているので、そろそろ這い出してくのではないかと思い、毎日飼育ケースを覗き込んではいるが、一向にその気配がない。

少し心配になって飼育ケースの四方八方から眺めてみた。飼育ケースと言っても衣装ケースで75センチ×40センチ、深さ30センチはあるし、そこにマットが入っているのでかなり扱いにくい。

上と横からは何も変化は見られなかったが、飼育ケースを斜めにして底を覗くと、エッと驚くものが見えた。
下の写真がその時のものだ。

画像
白くて丸い物がいくつも見える。蛹室の底の部分だ


初めて見た。この中に幼虫が見えている。

この白い丸いものが全部で26個あった。26匹の幼虫をマットに入れたので全部の幼虫が蛹室を作りその中にいたと言う事だ。

画像
一部を拡大したもの 少し変色しているのが分かる


良く見るとまだ、少しは変色しているものの幼虫の形が残ったままだ。この様子だと羽化するのにはまだ少し時間がかかりそうだ。全部の無事が確認出来たので根気よく羽化を待つことにしよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • カブトムシが遂に羽化した

    Excerpt: 待ちに待っていたカブトムシの羽化が始まった。 6月15に飼育ケース底側が蛹を確認し、その結果「もう少しかかるのではないか」と書いた。 Weblog: Heroの様々な体験 racked: 2019-06-25 08:56