昨日に続きカブトムシ・・・26匹全て羽化した

昨日から今朝にかけて飼育ケースが相当に賑やかになっていたのでマットを掘り起こして調べてみたら26匹全てが羽化に成功していた。

カブトムシは成虫になるとすぐに繁殖行動を起こしてしまう。このまま同じケースで飼育していると早々に産卵して死んでしまう可能性がある。

そこで、小さな飼育ケースにオスとメスを分離して飼育することにした。
昨年も同様な事をしていたので小さなケースが3個ほどある。

マット用の土は非常用に一袋キープしておいた。それを3個の小さな飼育ケースに入れ、湿気を調整したうえで大きな飼育ケースからカブトムシを取り出して分散させた。

大きな飼育ケースの中ではオスが主に表面に出て来ていたのでオスの方が多いと判断し2つの飼育ケース交互にオスを入れていった。

画像
上の大きいケースは衣装ケースで26匹を越冬させた飼育ケース
手前左がメス11匹入った飼育ケース 右の2つがオス用の飼育ケース


メスはマットの中にもぐっていて中々見つからなかったが、最終的に数えるとメスが11匹いた。つまりオスは15匹と言う事になる。


メスを小さめの飼育ケースに11匹、オスを7匹と8匹に分けたわけだが、これはメイにとって少し窮屈なのかもしれない。

メスはケースに入れると直ぐにマットに潜ってしまうので実際にどのような密度になっているのかは分からない。

現在は一番大きな衣装ケースの飼育ケースは空きの状態なので暫く成熟させたらそちらの方にオス、メスを何匹か戻して、後は近くの子供たちにプレゼントしようと思う。

孫も私から声がかかるのを待っている。学校では生き物係と言う事だ。早速学校に持って行って皆で観察しながら飼育してくれるだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック