麻生副総理は政治家か?? それともヤクザの親分か

数日前に金融庁がまとめた人生100年時代の老後を生きていくために典型的な例として退職後に2000万円が必要だと麻生財務大臣が発表した。

年金だけだと月々、6万円の赤字になる。年間72万円を自己資金で調達するように準備しろと言う内容だ。65歳で退職して大雑把に100歳まで生きるとするとこの35倍、つまり2500万円は必要だとの試算だ。

「政府は自分で調達しろと言ったよ」、あとは自分たちで何とかしろと言う事だろう。
これには政府の無責任さを感じるし、年金行政の破綻を宣言したともとれる。
メディアではこの額額について問題視されているし、政府も発表の仕方が適切ではなかったと大慌てで訂正している。

画像
訂正をする麻生財務大臣 この時もベランメェ口調だった
朝日新聞デジタルからキャプチャ


私は後期高齢者で年金生活者だ。国の年金と企業年金、家内の年金で生活しているが、現在は何とかやっていけている。貯蓄は無いが
借金もない。
財務省の発表について私と家内には直接関係ないことだと思うが、現役の人達にはかなりのショックな発表だったと思う。

昨日、今年度の年金の額が決定したと言う通知が来たが、また減額されている。毎年、毎年少なくなっているのが現状だ。年金で生活できなくなるのが先か、私たちがこの世から消えるのかどちらが先かの問題になってきている。

さて、お金についてはこの位にして、麻生が発表した時の態度は政治家の話し方とは思えないものだった。
大金持ちの坊ちゃん政治家で、かつて国民を「下々のもの」とした発言が有ったくらいの世間知らずが、ベランメェ口調で発表し、ぶら下がりの記者の質問にも同じような態度で回答していたから、これを見た人は「彼は政治家か?」と言う疑問を感じたに違いない。

取り方によっては暴力団○○組の親分が子分に向かって発言したようにも見えたのではないか!!!
この人が実質的に日本の№2だと言うからあきれ果ててしまう。
暴言、失言の多さでは群を抜いている麻生だが、こんな人がトップにいて暴言、失言を防止するためのマニュアルを作ったこの政府のやっている事は漫画にもならないだろう。