期日前投票に行ってきた

私の地域の投票所は小学校だ。私の家から歩けば10分で何ともない距離だが、何せ標高差が25メートルもある山の上にある。その上、ダラダラした坂で年寄りにはかなりの負荷が掛かる。

期日前投票の場所は区役所だ。家の前からバスで一本だし、エレベーターもある。年寄りにはこっちのほうが楽だ。家内にはかなり楽だったようだ。

更に昨日は雨も降りそうでなかったから行くことを決めた。
万一、翌日(今日)が雨だったら傘を差しながらダラダラとした坂を10分も登るのは大変な作業だ。

投票所=公立学校が定番だが、投票率を上げるためには投票しやすい場所に変更する必要があるだろう。これは兼ねてから言われている事だが、一向に改善されていない。
蛇足だが、この小学校は災害発生時の緊急避難場所になっているから考え物だ。

さて実際に投票する段になって、気が付いたことだが、期日前投票の誓約書と理由をチェックする必要があるため、何と係の人が一人多くなっている。馬鹿げたことだ。受付でチェックすれば良い事ではないか、受付で本人確認するところから最初の投票券を渡されるまで何と4人の係がいる。
全く持って旧態依然とした方法だ。

選挙区は名前を書くだけだからさほど問題はない。今までの選挙とおんなじだった。
ところが比例区に行った途端に、「何だ、これは」と驚いた。比例区に立候補している人の名前が全員書かれていて細かすぎて読めない。物凄く細かすぎる字で相当目が良い人でも顔を近づけないと読んだり識別したりはできないだろう。

眼鏡をはずしても見えない。「これでは見えない!!」と言うと係の人が飛んできて拡大レンズで見るように指示された。それでも拡大率は大きく無く見るのに一苦労だ

ただ、党名は大きく書かれていて読めたので党名で記入したが、さすがお役所のやる仕事だ。
恐らく自分たちにも読めないような字の大きさだろう。改善しようと言う気持ちが全くない旧態依然の方法にあきれ返った。

恐らく、明日の投票でも困惑する人が相当にいることだろう。
同じ金をかけるなら誰でもが簡単に出来る方法を考えるべきだ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント