本当に怖い半グレと言う新しい反社会勢力

28日土曜日にNHKが「半グレ 反社会勢力の実像」と言う番組を放送した。
今、何かと言うとこの半グレと言う集団が関与している事が多いのだが実態はあまり知られていない。NHKが3年もかけて取材したと言う力作だ。しかし、まだ完結していない。

SN00008.jpg
NHKのホームページよりキャプチャ


世間を騒がせている吉本の騒動もこの半グレらが起こした振り込め詐欺や、金塊強奪などの金が芸人たちのギャラとして払われたところに始まっている。

組織暴力団と一線を画し、小さなグループが離合集散を繰り返しながら闇の仕事をしているので組織としての実態をつかむのは相当難しいのだそうだ。

番組の中でも元半グレの中枢部にいた人間の説明が有ったが、小さな集団の塊でどこが捕まっても上までたどり着けないし、そこが切られても機能するような組織(構造)になっているのだそうだ。

その末端は一般人と見分けがつかない、と言うか一般の大学生であり主婦などだそうだ。
SNSが発達した今日、半グレの上層部は平気で自分たちのアカウントを持っていて、何とフォロワー数も一万数千人もいるのだと言う。そこに派手な生活や楽しそうな遊び、あるいはファッショナブルな姿の写真を上げて格好の良さをアピールしているのだそうだ。

それに釣られてフォロワーが増え、はたまた直接会いに来ると言う熱狂的な支持者もいると言う事だから半グレの予備軍は私たちのすぐ近くにいるのかもしれない。

この番組を見ていて、半グレの上層部は「決して悪いことはしていない」と言う事を強調していた。
半グレ組織の末端で使われている人間たちを多かれ少なかれ教唆している事は事実だろうし、直ぐその下の部下たちが忖度して行動を起こしている可能性もある。とにかく彼らは上納金で優雅な生活をしているのだから。
また、上層部の人がいきなりトップに立てるわけでも無いと思うので、トップになるまでにどこかで悪いことをしていると思う。

半グレにうまく使われてしまった人間たちを見ると、大きく二つのグループに分かれていると思う。
一つはとにかく金が欲しい。今の生活から脱出したいと言う思いがある人。もう一つは半グレの上層部のSNS上の写真や動画の様な華美な生活にあこがれた人たちだ。

これらの人をうまく扇動し末端の手下として闇の仕事をして一般社会に入っていくと言うのが半グレの活動方法だから始末が悪い。

暴力団、ヤクザは一般の人には手を出さないと言う掟が有ると思うが、半グレはその様な掟はない。金になればどんなに汚い仕事でもやり、一般人を巻き込んでしまうところに恐ろしさが有る。

早く半グレを取り締まる法律を作りドンドン摘発して欲しい。

NHKには続編の製作を期待したい。

この記事へのコメント