笑う、面白いと言う感情がないのかも知れない

吉本興業のお笑い芸人たちが話題になっているが、本当にこの人たちが必要なのかと言う疑問を感じている。

確かにテレビの電源を入れるとどのチャンネルでも彼らが出ていない時間はないと思うが、彼らがやっている事に面白みを感じたことはない。中にはМCとして活躍している人もいるが、この人達はお笑いとしてではなくМCとして認められるだけのキャラクターが有ると思えるのだ。

NHKもしかりだ!! やたらと芸人が出てくる。これは面白いと言うのとは別に人数合わせと言う側面もあると思うし、NHKが人集めに手を抜いていると言う側面もあるのではないかと思う。

漫才からスタートした芸人たちが一人で活動するようになったことでそれに感化されて芸人を目指す若者たちが増えたと思うのだが、若い漫才芸人の漫才など聞いていられないし、見ていられない。覚えた話をただ一心不乱に時間一杯やっているだけで面白いと感じる人はいないのではないだろうか?

人を笑わせるだけの力や話題がないと思う芸人が多すぎる。これでは芸人とは呼べないだろう。

それにもまして私自身にお笑い芸人を容認するような感情がないのも事実だと思う。
番組の中で芸人たちが何か話すとスタジオからエヘラ、エヘラ笑う声がたくさん聞こえてくるが
何も面白みが伝わってこないのだ。ただ、一言話すだけで笑わせるだけの力が本当にある芸人ならばともかく、大声で気を引こうとしている芸人たちの話でエヘラ、エヘラしている日本人たちが本当に日本を背負っていけるのか心配になる。

私がお笑いに対して感情がないのは、私が育った時代背景が有るのかもしれないが、今の様に何が何でもお笑い芸人?達が出てエヘラ、エヘラしているのはどうしても容認できないのだ。

お笑い芸人たちは自分が売れて食べられるようになるように頑張っているのだと思うが、その力を世の中の為になる力に変えると言う発想しないのだろうか。

この記事へのコメント