カブトムシが逃げてくれない

急に暑くなり、いよいよカブトムシが飛び回るのではないかと思っているが、私の家の周りでは自然に繁殖したカブトムシを一向に見かけない。

例年の様に庭にスイカの切れ端を置いてあるのだが、トンとご無沙汰だ。

一方、私が人工ふ化させ、羽化させたカブトムシは飼育箱の中で6月から早々にブンブンと羽音を立ててやかましい。

既に何年か飼育していて飼育方法も分かったしお金もかかるので、今年で飼育を終わりにしたいと思っている。

そこで、夜になったら飼育箱を屋外に出し蓋を開けてあるのだが、一向に飛び立ってくれない。
毎日暑くなる前に飼育ケースを屋内に取り込んでいる。しかし、数が減っている様子が見られない。

何故、逃げてくれないのだろうか??

多頭飼育で、更にオスとメスを同じ飼育ケースに入れているので産卵はしていると思うので、体力がなくなっている可能性もあるし、自然界より飼育ケースの中でえさを貰える方が楽だと思っているのだろうか? カブトムシの気持ちは分からない。

夜になったら近くの木にとまらせておくと言う方法もあると思うが、直ぐに蟻に見つかり餌になってしまう可能性の方が高い。さて、どうたら良いものか!?

この記事へのコメント