ガン患者の仲間入りだ

直腸カルチノイドが保険会社でガンとして認められた。

以前からこのブログで報告しているが5月の人間ドッグで発見されて直腸のカルチノイドと診断されていた。主治医から「切除すれば治る」と言われて8月に2泊3日の入院で内視鏡による切除を行った。

一応入院したのだから、保険会社の窓口に連絡して直腸カルチノイドの扱いについて聞いていた。カルチノイドはガンの扱いではないと言う回答をもらっていた。
ガン保険と同じ会社の医療保険に入っていたので病院で診断書を書いてもらい給付金の請求をした。医療保険なら入院費ぐらいは返ってくるだろうと言う気持ちで給付金の請求をした訳だ。

しかし、数日すると「保険金支払い免除請求書」と言う紙が同封された速達が届いた。
これは何だ? と言うわけで窓口に確認すると、「今後、毎月の保険料が免除されるための申請書類だ」と言う。

掛けていたガン保険にはガンと診断されたときに適用される特約を付けていたのだ。
色々な特約を付けていたので、事によるとそれも適用されるのではないかと思い尋ねると正確な情報は書類が後送されると言う返事だった。

昨日その書類が来た。特約がすべて適用されていて、入院費、手術費(主治医は手術と認めてくれるかな? と言っていたのだが)、通院費、一時金などを給付するという連絡だった。

ラッキーと思ったが考えてみれば所詮、私が掛け続けたお金の一部が戻って来ただけだ。
しかし、来月からガン保険の掛け金を払わずとも同じ保証が受けられるのはうれしい限りだ。

もう一つ医療保険として加入していたものにも入院、手術費が適用されていたから二つの保険で給付金を貰えた。こんな事もあるのだなぁ~。

つまり、人間ドックでカルチノイドが発見された時点から私もガン患者の仲間入りしたことになる。

直腸カルチノイドと診断されて喜んではいないが、切除すれば治ると言う主治医の話を信用し楽観的な解釈している。
今後どのような変化が起こるか自分なりに観察していくのも面白いと思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント