厳しい一日だった



昨日はラグビーワールドカップのボランティアの最終研修日だった。
Venue-trainingと言って実際の活動場所の確認や道順の確認、各施設などを覚えるために最寄駅から会場まだを実際に歩くトレーニングだった。
私の担当はHosting Role/街中ファンゾーンガイドだ。そして活動場所はJR桜木町駅周辺から
実際にファンゾーンが置かれる臨海パークのエリアだ。

昨日の気温は34℃あったし、舗装で固められた道路上で歩いたり、説明を受けたりしてのトレーニングだったため兎に角、汗をかいたし、足にも来た!!
普通に歩けばおよそ1.2キロぐらいだから15分程度だろうが、少し歩いては止まり、少し歩いては止まりの連続で約1時間もかかった。炎天下で風も無い環境で1時間も歩くと言う難トレーニングだった。

SN00002.jpg

アチコチ歩きまわったので午前中だけで歩数が10,000歩を超えてしまった。
約30人の参加者は恐らく私より年を取っている人もいたと思う。私はバスケをやり、自転車に乗り、畑仕事をしているのである程度体は動く方だと自覚はしているが、普通の高齢者ではとても耐えられる様な環境ではなかったと思う。ひれでも全員が最後まで耐え抜いた。

更に参加者のうち3分の1ぐらいの人は当日別なところでボランティアのユニフォームを受け取ることになっていた。Venue-trainingの終了場所からその場所まで徒歩で15分ぐらいの場所だ。
舗装され、整備はされているが日陰が全くない道路だ。

歩いて疲れているところに、更に炎天下を15分間歩いたので汗はダラダラ流れてくるは、背中に背負ったリュックはグチョグチョになるはで大変な事だった。

ボランティアの装備一式を受け取り、家に帰り着いたのは午後3時だった。午前9時から午後3時までの6時間ほぼ炎天下で歩き回っていたことになる。本当に厳しい1日だった。

この日のトータルの歩数は13,500歩だった。

実際のボランティア活動ではこれだけ歩くことは無いだろうが、それでもやっぱり体力勝負の活動だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント