残念、サツマイモも不作だった

お祭りのための料理を作ると言う事でサツマイモを少し掘った。

今年に入ってサツマイモの栽培について何度かブログにあげている。日照りに会い、台風に遭っても葉っぱの成長は良かったと思う。そして9月20日には一株試し掘りをしたことを書いた。

この時は2本のイモが収穫できた。細いイモで今年は出来が悪いのかなと思っていた。

昨日、祭りの料理に必要なだけ、約10株位を掘った。残念ながら不作だった。
掘っても掘っても形のいい大きなイモが出てこない。そればかりか細い根っ子に近いくずイモばかりだ。中には根っこばかりのものもあった。

10株でやっと小型のバケツ一杯とがっかりする収量だ。
バスケの子供たちを何人か読んでイモ堀りをさせようと考えていたが、これではとても子供たちに掘らせることはできない。

畑がかなり湿気を帯びていたのでこれが原因なのかと思った
しかし、隣でサツマイモを収穫していた人を見ていたら、同じように殆どイモが付いていなかった。
私の収量より悪い状態だ。

周りの農家の人にも聞いてみたがどこも同じように今年はイモの付きが悪いと言っていたし、中には近くの人達に収穫したいと依頼されたが断ったと言っている人もいた。

つまり、今年、私の畑の周りではどこもサツマイモが不作だったようだ。

これは作り方と言うよりは天候に起因している事なのだろう。

季節外れの高温が続いたり、長雨、台風などが原因になっている事は間違いないだろう。

まだまだたくさん植わっている。あまり期待しないようにしながら少しずつ掘ってみよう。
2種類のサツマイモを植えてあるので、事によると1種類に起きている現象かもしれないからだ。