グロテスクな写真ですが

22日にネズミが出たこととわなを仕掛けて少し様子を見たいと書いた。
そして24日の朝にとうとうこのネズミを捕まえることが出来た。
思っていた通り、小さなネズミだった。ペットショップで売っているような白いハツカネズミより少し大きく濃い灰色をしている。いわゆる鼠色だ。
IMG_9796.JPG

ネズミがネズミ捕りシートにかかり横たわっているグロテスクな写真だ。
最初から横になっていたわけではないと思う。足が接着剤に絡みもがいて横になってしまったのだろう。しかも、断末魔で糞をしている。

さて、このネズミの処分をどうするか!?

昔は金物のネズミ捕りに引っかかったネズミはそのまま水に浸けて安楽死させるのが常套手段だったし、私もやったことが有る。

しかし、今回の場合何故か水に入れることが出来なかった。
私が歳を取ってこのような処分が出来なくなってきたのだと思う。

少し可哀そうだが、このままシートを折りたたみポリ袋に入れて寿命が尽きるのを待つこととした。

今日、息子と孫が久しぶりにやって来たのでその状態を見せた。折りたたんだシートの間に両側から挟まれてもがくことも出来ずにいたが、お腹が動いていたのでまだ生きているようだった。

息子も孫も水に入れて早く安楽死させてあげてというのだが出来ないでいる。孫に「自分で水に入れるか?」と聞くとやはり自分ではできないようだ。

寒さもあるので、このままの状態にしておけば一日ぐらいで寿命が尽きると思うので、そのまま穴を掘って埋めてやろうと思う。

まだ、ネズミが居るかも知れない。昨晩もう1日だけわなを仕掛けてみた。かかって居なかったらドレインの蓋を買ってこようと思う。

ところで、この接着剤式のネズミ捕りシートはかなり強力だ。一見、さほどの接着力はないと見えるし手で触っても強度が有ると思わなかったが、自分が冷蔵庫の前に置いたこのシートを踏みつけてネズミならぬ私が掛かってしまったのだ。

シートの接着剤で履いていたスリッパがはがれない!!

力を込めてやっとスリッパを外し、そのスリッパを履いたら、何とフローリングにベタベタと引っ付き歩くことが出来ないのだ。結局おろしたてのスリッパ一側がゴミ箱行きになってしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年04月29日 13:46
最低