歯根除去・・・まるで土木工事の様だった

昨日、「医者に行くのが怖い」と言うブログを上げてから、歯医者に行った。

12時の予約で12時5分には診察室に呼ばれた。ドキドキすると思っていたが、落ち着いて診察を受けることが出来た。
最初にレントゲン写真を見ながら、どの部分をどの様にするのかを再確認した。

SN00002.jpg
赤丸の中にあるのが除去する歯根


そのことが気持ちを落ち着かせたのだと思うがどっしりと構えることが出来ていた。
そして、「それでは始めます」と言う医師の言葉で麻酔が始まった。歯科の麻酔はしばらく受けていない。覚えているのはいきなり注射針を刺す方法だったが、大分、進化しているようで歯茎に麻酔薬を付けたガーゼを置いて暫くしてから注射をするという方法に代わっていた。

麻酔が効いてくるまで10分位か? この間安静にしていた。

「行くわよ」と言う医師の言葉で歯根の周りを広げ始め、頭が動くぐらいの力で押したり、引いたり、揺さぶったりする事が暫く続いた。
中々しぶとい歯根だなと自分では思ったが、医師としてはごく普通の歯根除去なのだろう。かなりの力作業だと思った。

暫くすると「やっと見えてきた。抜きます」と言い、恐らく道具をペンチの様なものに変えたのだと思う。歯をつかむ感じがした途端に「抜けましたよ」と言う言葉が響いた。隣でこの作業を手伝っていた助手が「大きなホールですね」と医師に話しかけていた。

IMG_0075.JPG
除去した歯根、デカい!!


その後、抜いた後の止血や化膿止めの処置をして穴の上部を3針ぐらい縫った。助手が糸を切る作業のやり取りが3回あったから3針だと思う。1週間後に抜歯だと言う。

抜いた歯根を見せてもらった。デカい!! 医師はこちらで処分すると言ったが、記念にと貰って来た。
歯根の先は骨の中に嵌まり込んでいると言うが、この位の大きさが無いと噛みちぎったりすることが出来ないのだろう。

怖い、怖いと思っていたが落ち着いて処置を受けることが出来た。どうとでもなれと観念したからだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント