何の花だかわかるだろうか

2日続けて花の話題をアップする。

写真の花が何の花だかわかるだろうか? 日常よく食べられている食材の花だが恐らくほとんどの方が食材は知っていても花は分からないと思う。

IMG_0085.JPG

菜の花に似ている事がヒントだ。但し、菜っ葉とは似ても似つかない食材だ。
この花と似ているのはコマツナ、キャベツ、白菜、アブラナ、大根(ただし、花の色は白だが)などアブラナ科のものだ。

写真のあちこちにこの食材の面影が出ているのだが!!

これはブロッコリー(正確には茎ブロッコリー)の花だ。
茎ブロッコリーとして見れば花が咲いている茎の先端部分が小さなブロッコリーに見えると思う。

ブロッコリーも同じような花が咲く。食べている部分は小さな花芽(花蕾)が集まっている部分だが、そのまま放置しておくと一つ、一つのブツブツ(花芽)が花になってくる。

ブロッコリーは最初に先端部分に大きな花芽が付く売られているものはこの部分だ。しかし、この大きな花芽を取ったら、周辺から小さなブロッコリーがたくさんできてくる。私はこれを脇芽と呼んでいるが、取っても取っても出てくるので結構重宝している。

キャベツや白菜はあの丸い塊の真ん中から茎が大きく伸びてその先端に葉を咲かせる。初めて見る人は「アレっ」と思うだろう。

一面の菜の花に比べれば派手さは無いが、単に食べだけではなく観察していると面白い。

葉っぱの周辺がギザギザして色が変わっていると思う。これは冬場の食糧難で小鳥たちが食べた後だ。
白菜などは先端を食べられて、おまけに糞までついている事もある。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント