睡眠剤依存症


昨夜は眠れなかった。

午後10時30分にベッドに入ったが、一向に眠気が来ない。午前1時ごろのまで悶々としてベッドの中にいた。

眠れない時には一旦仕切り直しをした方が良いと言う事を思い出して、階下のリビングで30分位ボンヤリとしていた。

1時半から再びベッドの中で眠気が来るのを待った。全然、眠気が来ない。この様な時には精神的に焦るためだで余計に目がさえてくる。仕方がないので寝るのを諦めて一晩中起きていようと決心し、再びリビングに下りてソファーをリクライニングにして寝そべっていた。

窓の外が少し明るくなり始めた5時20分ごろ、ついに眠気が来た。いつもなら後1時間もすれば起床する時間だが、眠れるなら寝ておこうと思いみたびベッドに入った。

今度は入眠できたが、6時40分に目が覚めてしまった。これは何時もの習性なのだろう。
しかし、どうしたことか体が異常に冷えていて寒くて仕方が無かった上に体中が痛かった。こんな事は初めてだ。

ガウンを引っ張り出して着たままで、よたびベッドに入り少しでも寝ようと試みた。次に目が覚めたのが7時過ぎだった。まだ体が冷えていたのでそのまま8時までベッドの中で体を温めていた。

こんなに遅くに起きるのは無い事だが8時に起床した。睡眠時間は継ぎ足しで2時間ぐらいだ。

朝食を済ませた後、朝食後に服用する薬を準備していて初めて気が付いた。
何と昨夜、就寝前の薬の服用を忘れていたのだ。
就寝前の薬には3種類の睡眠剤が含まれているのだが、それを飲み忘れたために入眠できなかったのだ。

現役時代の40代のころから西に東に飛び回っていたので時差で眠れなかったため、睡眠剤を処方してもらっていた。それがいつの間にか効かなくなり、種類が増していって現在は3種類もの睡眠剤を処方してもらっている。
勿論ここにたどり着くまでは心療内科で幾通りもの組み合わせを試してみて決めたもので、現在は喘息で通院している呼吸器内科の主治医に心療内科の医師からの指示で処方してもらっているのだが、これが無いと眠れなくなっているのだ。

海外ではジェットラグだと言えば薬局で処方してくれたし、空港の薬局でも買うことが出来ていたので、安易に薬に頼ってしまっていた。

昨夜、眠れなかった理由も睡眠剤の飲み忘れによるものだと言う事が分かったわけで、私の体は間違いなく睡眠剤依存症と言う事だろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント