サヤエンドウの栽培・・・失敗してしまった

昨年秋に撒いたサヤエンドウ、暖かい冬で成長が早く、今頃は収穫できるはずだったが!!
残念ながら幾つかの失敗をしてしまったようだ。

例年だと真っ直ぐに上に伸びている茎だが、今年は上に延びると言うか横に広がってしまっていて太い茎が根元の所に絡みついてしまっている。

考えてみると二つの大きな原因が有ると思う。
一つは、誘引用のこの棒の位置とネットを張り方が悪かったのだと思う。10センチ位になった時に棒を立ててネットを張り、上に延びるように仕向けるのだが、棒の位置を出てきた茎の近くではなく20センチ位離れたところに立ててしまった。結果として、ネットも茎と離れたところに張ったことになる。

二つ目は伸びてきた茎や弦をこのネットに誘引しなかったことだ。
延びた茎や弦は自分でネットまで這い上がる事はしない。ドンドン横に延び、地べたに広がっていく。

最初にネットまで誘引しておけば、少しでも上に延びてくれたと思うのだが、その時間が無かったのだ。

3月の初めから白内障の手術をして「主治医からは畑仕事は絶対にダメ」ときつく言われていたのだ。畑は雑菌がたくさんいて埃などが目に入り細菌感染で失明する可能性が高いと言う事なのだそうだ。
ゴーグルをしても駄目だと念押しされていた。

右目で2週間、左目で2週間の経過観察でその期間は土にも触るなと言う事だった。
結果として1月間は畑仕事をしていなかった。まだ主治医から畑作業も大丈夫と言う許可が下りていないが、作物は延び、花が咲いてしまっているし、草もボウボウだ。

サヤエンドウも例外ではなく、どんどん大きくなり地べたにとぐろを巻くように弦が絡み合っていてそこに花が咲いていた。

こんな状態になるまで放って置いてしまったので、何とかしなければならないと思い、サングラスとゴーグルで目を保護しながら茎と弦を整理した。

SN00001.jpg

しかし、写真のように根元に団子の様に固まって絡み合っているので、これをほぐすことは無理だ。引っ張るとボキボキと弦が折れてしまう。手遅れだったようだ。

それでも、少しでも上に伸ばしてやれば、やがて花をつけるだろうと言う思いでネットに絡みつかせてみた。

相当なダメージを与えてしまったし、今、咲いている花の根元を折ってしまった可能性もあるので
これから先、どの程度が生き延びてくれるかの見当もつかない。

何とか食べられるぐらい収穫が出来ればいいと願うばかりだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント