メロン・・・2つ目はかなり甘かった

6月30日に最初のメロンを収穫して、少し早かったことを書いている。

あれから10日経った昨日、2つ目のメロンを収穫した。毎日、どう変わっていくのかを見ていたが、徐々に色が黄色み掛っていくのが分かった。ただ専業農家の人が言っていたように落果かすることはなかった。

専業農家の人が来ていたので再確認したところ、メロンの種類が違うから落果しない可能性もある。色が変わってきている事を考えれば取り頃になっているのではないかと言うアドバイスをもらった。

隣で畑をやっているグループの人達も3人いて興味深そうに見ていたので、皆の見ている前でハサミを入れた。
直に、専業農家の人に見てもらった。「お尻が少し硬いな!?」と言う。
まだ早かったのかと感じながら追熟のために一晩、室温の中で放置した。

SN00005.jpg
左が6月30日に取ったもの 右が昨日取ったもの


そして今朝、切ってみた。
皮の層が薄くなっているし、実の色が濃くなっている。これは大丈夫だろうと思いスプーンで少し食べてみた。
「甘い!!」。

SN00006.jpg
左が6月30日に取ったもの 右が昨日取ったもの


今度はうまく行った。取り頃のサインは外皮の色が黄色み掛って来ることだったのだ。
これで、これを目安に収穫できる。既に、昨日収穫したメロンより色の濃いものが1つあるから、これも取り頃期に入っているのだろう。

恐らくもう少し経てばもっと色が変わり更に甘くなるかもしれないと言う期待をもって、今度は落果するか否かを見てみたいと思う。