エシャレットを植えた

昨日は午後5時ごろから1時間ぐらい畑の作業をした。この時間になると幾分気温は下がってきたが30℃は越していた。日中は33℃だったから幾分はましだ。

畑の大きさを考えて牛糞堆肥40リットル入り1袋と苦土石灰を10キロ持っていった。堆肥を少しあつく巻いたために残念ながら畑の半分ぐらいしかカバーできなかった。

それでも、両方巻き終わったところは機械で耕した。

そして今朝早く、牛糞堆肥をたくさん持って畑に行き予定している畑の耕耘までを終わらせてきた。

昨日購入して置いたエシャレットを植えてきたが、今度はエシャレットの数が足りない。一畝の半分ほど空いてしまった。夕方にでも園芸店に行って不足分を購入してくるつもりだ。

IMG_20200808_095607.jpg
手前の白い小さいのがエシャレット この畑と黒いシートの上の畑が昨日と今朝の仕事


一度で済むことを昨日ときょうで二度手間を2回もやってしまった。計画性が無くなっている証拠だ。

昨日の牛糞堆肥の不足は2つの理由があった。畑のロッカーに袋に半分ぐらい残してあることを確認していたので、持って行った1袋と合わせれば間に合うと計算したためだ。もう一つは運ぶ手段だ。車が無いので一輪車を利用している。一輪車には精々40キロぐらいしか載せられない。

昨日運んだのは40リットルの牛糞1袋(これだけで20キロ程度ある)、苦土石灰10キロ、その他、鍬などの作業用具、飲み水などだ。これで一杯になってしまっていたためだ。

そして、エシャレットの数が足りなかったのは、植える所を決めておらず、どこか片隅にでも植えればいいと考えていたためだ。実際、昨年はその様な考えで畑の隅の方に植えていた。

昨日と、今朝畑を耕し終えて、畑の隅に一畝植えようと考えた為に数が合わなくなってしまったのだ。
畑にゴチャゴチャと色々なものが植えてあるとスッキリとした感じが無いし、防草シートを敷くときや、耕すときなども機械が入れにくい。その為に、一畝に昇格させたのだ。

これから徐々に種を蒔いたり苗を植えたりするが、白菜と大根を植える畑を除いて一通り準備が出来たので、後は時期を見て種を蒔くだけだ。
そうそう、地這いキュウリは全てが順調に育っていたので3本目が出ているうちの1本を生かすための間引きも済ませた。

白菜と大根はお盆過ぎから畑の準備をして9月の初めから10日の間に種を蒔こうと計画している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント