Heroの様々な体験

アクセスカウンタ

zoom RSS 一本17万円の注射に挑戦する

<<   作成日時 : 2017/05/17 08:03   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

このところ、喘息の状態がすこぶる悪い。朝と言うより夜中からせき込気見始め朝まで続く。
明け方のいちの一時間ぐらいは何と寝ている感じがするのだが。目覚めき悪いし、一日中ぼゃ〜っとして感じですっきりとして事がない。
三日前にも体調不良のことを書いたくらい。自分の体がどうなってしまったのか分からなくなってきていと言うのが現状だ。

昨日、かかりつけの病院で喘息の経過観察を受けた。自分でも最悪な状態だと感じていたのだが。主治医も現状を理解したうえで頭をひねりなかせら、次の対応を考えている。

主治医は前回から、既知の処置が全て効かない重症の患者様に新しく開発されてものすごく高価な注射の事を話してくれていて、それに踏み切るか否かを迷っているようだ。

この注射は今までの方法と違い、喘息の時に現れる好酸球を劇的に減らすことが出きると言う事らしい。但し高価な注射なので医師もなかなか進められないと言う事と、患者が注射を打てる環境に適合しているかを、診察の経緯やデーターから判断するのに時間がかかっていた。

私の主治医もこの薬を使用するのは初めてなのだろう。私の患者としてのデーター上の適合は
間違いなくそろっている。

問題は薬価だ。一本17万円の注射を四週間ごとに一年以上、打ち続けなくてはならないという患者への負担を考えた時に経済的にこらえられるかと言う事を考えなくてはならないことだ。主治医も私にそのことを相談してきた。

私の場合は後期高齢者の健康保険で負担額は一割だ、それでも過去の注射一段と高い。しかし一年間打ち続けて、17万円だから苦しむよりましだと思った。

ただ、この注射が私の症状に効果があるのかが分かるのはかなり先になると言う事と、それまででは止める事が出来ないと言う事だ。

しかし、喘息の苦しさからのがれられる方法があるのであれば重症患者としては藁にもすがりつきたい思いだから、この最後の賭けに挑むことにした。

昨年の6月に許可されたばかりの新薬と言う事で大きな病院でも取り置きがなく、来週の木曜日に一発目の高価な注射することになった。金額的にはまぁ〜、何とかなるだろう。

もう一つのブログはここから入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
地獄の沙汰も金次第と言う事か!!
5月17日に「一本17万円の注射にチャレンジする」と言うブログを書いた。 今日がその注射をする日だ。 この一週間、病院でもらった薬の説明書やネットに挙げられているこの薬についての意見などを片っ端から読んでみた。 ...続きを見る
Heroの様々な体験
2017/05/25 12:03
一本17万円の注射の効果
喘息の症状を和らげるために一本17万円のヌーカラと言う注射をしたことやそれまでの経緯をそれぞれ5月17日に「一本十七万円の注射にチャレンジする」、5月25日に「地獄の沙汰も金次第」としてこのブログにあげた。 ...続きを見る
Heroの様々な体験
2017/06/08 09:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一本17万円の注射に挑戦する Heroの様々な体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる