Heroの様々な体験

アクセスカウンタ

zoom RSS 小学校の運動会を見に行って気が付いたこと

<<   作成日時 : 2017/05/30 08:47   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先週の日曜日はあちこちの小学校で運動会が集中していた。このところの傾向を見ると秋に運動会を行うところより春の方が多いように感じる。

バスケの子供たちの運動会も2校で行われた。一つの学校は近くなので見に行った。もう一つは4キロ離れていて自転車を使わなくてはならず行けなかった。

私も体育館でミニバスを指導していると言う関係で招待状が届いた。出席の返事を出しておいたので、それなりに座れる場所は確保されているのだろうとも思っていた。

運動会も様変わりをしていたが、競技種目よりも学校側の配慮に大きな違いを感じた。

学校の入り口に一つ目の受付らしいところが有った。これは初めて設置されて物と思う。素道りできないので、そこに寄ったら、「お子さんは何年生ですか?」と質問された。
ミニバスの子供たちに頼まれていったので、「ミニバスなので全学年にいる」と答えた。
一瞬変な顔をされたが、直ぐに「あぁ、ミニバスね」と言って紫色のリボンを渡された。これは普通の来校者を意味するものであった。

更に校庭に近づくと二つ目の受付があった。テントには、「来賓」と「敬老会」という二つの張り紙が有り、一寸戸惑った。来賓とは招待者の事なのか? 私は敬老会の部類にも入るからだ。
意を決して来賓の方に声をかけた。やはり招待状を送り出席の返事が来た人たちの名前がリストアップされていて私の名前も発見する事が出来た。

受付の役員の方は袋に入れた何かを渡そうとしたが、断り。プログラムだけもらった。席に案内されることはなかった。
この頃の公営の学校では金銭の授受はない。お祝い金、ご祝儀などは受け取らないのに、返礼と思われる紙袋がなぜあるのか最初の疑問だった。

運動会を観戦する特等席はホームのストレートコースの所だが、ここにはテントが三張り設置され、本部、来賓席、敬老席になっていた。
少し遅い時間に言ったため、席はほぼ埋まっていて、案内されることもなかった。それは問題なしとして、私は普通の来校者として既に紫のリボンをもらっている。こうなると招待客でも敬老者でもない宙ブラリンの観衆となる。

最初の受付で渡されるリボンの色は学年によって変わっていた。子供がふたりいる人は二色のリボンが渡されていた。

毎年、運動会では良い席を確保しようと早朝から席取り合戦が始まるが、このリボンは写真やビデオを撮るために前に出る特権を与えている物であった。つまり、6年生の演技の時には6年生の保護者と言うリボンを表示している人が優先的に前に出る権利を与えられていると言う事だ。これはいいアイデアだと思うし、学校の配慮だと思う。
ただし、招待されたが普通来校者とされた私は写真を撮るために学校に行ったのだが、いい場所を確保できないと言う羽目になってしまった。仕方がないので人のいないところから望遠で撮影する事になってしまったと言う訳だ。

また、もう一つ困った事が有った。それは全員が同じ体操服を着ていたので、遠目では全く個人を識別する事が出来なかったと言う事だ。

写真を撮ってくれと頼まれた子供達どこにいるかさえ分からない。仕方がないので兎に角、たくさん写真を撮り、パソコンに落として拡大して探すことにした。その結果、撮影した写真の80パーセントは削除することになってしまったが、何とかミニバスに所属している子供達の写真を27枚撮る事が出来た。役目を果たせてホッとした。

もう一つのブログはここから入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小学校の運動会を見に行って気が付いたこと Heroの様々な体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる