Heroの様々な体験

アクセスカウンタ

zoom RSS 今治市の事件・・・容疑者自殺は警察のミス

<<   作成日時 : 2017/05/06 10:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今治市で年老いた親子が殺傷された事件。事件から比較的早く、容疑者を特定し事情聴取にまで持ち込んだ時は、警察も結構やるなと思った。

しかし、その後、容疑者の女性を帰宅させために、容疑者の女性が自殺してしまった。
かなり犯人に近い容疑者の自殺はこの事件の詳細を永久に闇に葬ることになってしまった。

この事件には、もう一つの老女の死の事件と関連性があるとみられていて、事件が発生してから、
警察は老女の死を「殺人事件」として、この容疑者の連続殺人と言う可能性を追求していた。

しかし、この老女殺人事件も容疑者の自殺で闇に葬られてしまう形になった感じだ。

警察は容疑者の自殺について
「適正な事情聴取をしていたと判断している」としている。また自殺についても、「家族に引き渡した以上、自殺の危険性などについては家族に任せるしかない」と説明している。

事情聴取の内容については知る由もないし、警察も発表しないだろう。しかし、容疑者を家族に引き渡しか後だから警察は関係ないと言う内容を発表した警察にはいささか疑問を感じるし、警察自身の責任逃れをしているように感じられる。

普通に考えれば容疑者を自殺させてしまったのは明らかに警察のミスだと思うが、警察は責任逃れをしているしか思えない。容疑者=犯人ではないことは十分に承知している。しかし今回の場合、複数の映像記録から、この容疑者を割り出していると言う事だから、限りなく犯人に近いと判断していたに違いない。

警察の言う「家族に引き渡した以上、自殺の危険性などについては家族に任せるしかない」とした単純な言い訳は警察の無為無策を感じる。少なくとも周辺の警備をするとか、張りこんでいるとかが必要だったのではないだろうか!!

その上で自殺されてしまったのなら、これは警察の手の届かないところでの容疑者の自殺と言えるかもしれないが、警察はその最後の詰めを欠いたために、容疑者に容易に自殺されてしまう環境を作ってしまったと言う事を考えれば、これは明らかに警察のミスと言って良いだろう。

もう一つのブログはここから入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今治市の事件・・・容疑者自殺は警察のミス Heroの様々な体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる