こんな提案はどうだろう

連日のように痛ましい交通事故のニュースが伝えられている。
高齢者、高齢者と言う言葉が頭についての報道だが、決して高齢者だけの問題ではないと思う。

スピードの出し過ぎ、歩道への乗揚げ、逆走、幅寄せ、煽り運転、アクセルとブレーキの踏み間違え等様々だ。しかし、全てを運転する側の悪意や嫌がらせ勘違いにしてはいないか!!

自動車メーカーは盛んに自動運転だ、追突防止だ、歩行者保護のため抑止装置だなどと言いながら中途半端なものを販売していないか? 中には「機能には限度があります」と堂々と宣伝し責任逃れをしているところもある。

車用品の販売店には色々な安全グッズが販売されているようだ。これは自動車メーカーが本来、車に搭載するべき機能が搭載されていないがための隙間産業的な発想のものだ。
自動車メーカーは運転する側に責任転嫁するべきではなく、誰でもが安全に運転できる車を開発し販売するべきだ。

提案がある。
今では多くの車にドライブレコーダが搭載されている。ほとんどの利用者の目的は自己防衛と言う消極的なものだと思う。

ドライブレコーダの解像度を良くしてこれを積極的に安全運転に利用できるようにしたらどうかと言う提案だ。

道路には速度制限、駐車禁止、車線、一方通行など様々な交通標識が目視出来るようになっている。しかし、ボーッと見ている人が殆どだろう。これをドライブレコーダで読み取って、これとEDR(イベント・データ・レコーダ)と組み合わせて活用できないのだろうかと言う提案だ。

例えば速度制限を超えている車の場合は自動的にアクセル操作を無効にする。また、煽り運転の車には車間距離や左右に車体が動いたことを判別して、こちらもアクセル操作を無効にさせる、逆走にはブザーや音声で警告するなどだ。
この方法が開発されれば老若男女全てに有効だと思うが。

道路には色々な情報が詰まった交通標識がたくさんあるのだから、これを人間だけで判別させておく方法はないと思う。自動運転はどうだ、人に対する安全はどうだと言う前に、これらの情報をうまく使用する方法を考えるのが自動車メーカーの責任だと思うのだが!!