隠そうとするのはヤマシイことが有るからだ

国会の予算委員会でいろいろな話題が討論されている。討論と言うか、自民党の体たらくに対して野党が追及?
するという構図だが、答弁者はノラリクラリと逃げたり、隠そうとしている。この方法は自民党のお家芸でかなり以前から行われていたし、野党が追及を諦め、国民が忘れるのを待っている感じだ。

昨日も答弁をテレビで見ていたが、やはり一番は「桜を見る会」の前日に行われた懇親会の問題だろう。
安倍さんの説明とホテルが公式書類として野党に提出した書類内容とに矛盾が有ると追及しているのだが、安倍さんもホテルに確認して前回の答弁通りだと言い張っている。しかし、ここにきて領収書の発行についても答弁が少し変わってきたと感じる。

また、ホテルが嘘をついていると言うようなニュアンスの発言や、文書は一般的なことを書いただけで、個別の事案への回答ではないと言い、更にはホテル側の商売の機密に当たるからなどと逃げている。

一般社会の通念では商売する場合、見積もりや契約書は当たり前に発行されるし、残っているはずだ。
ホテルにとって大口の商売で山口の安倍後援会が絡んでいるのであれば、間違いなく何度も交渉が行われ、ホテルも見積もりも出しているはずだ。それを頭数で分割している事は間違いないだろう。ここまでは間違いなく安倍事務所の仕事だろうし、ことによったら集金して一括でホテルに支払っている事だと考えられる。
この様な文章さえ存在しないと言う安倍さんの発言が一般国民に理解しろと言うのは難しい。

ホテル側も一人一人と契約したことは無いし、あて名のない領収書を発行したことも無いと証言している。

これらをまとめてみると、安倍事務所が話しをして参加者を募集はしたがその後のホテルとのことについては宿泊者や懇親会の参加は個人契約だと言うのは理解が出来ない。

この様な答弁を繰り返す安倍さんに対して虚偽答弁だとする野党側は恐らく正しいのだろう。
多くの国民もそう思っていると思う。

安倍さんには発言できない都合が悪いことが有るために隠しているのだと思うが、「嘘が嘘を呼ぶ」と言うように一つの嘘を正当化するために、その矛盾点を補うためにさらに嘘をつくと言う事の繰り返しに陥っているように見えるし、国民も安倍さんの答弁を信用していないと言う事が世論調査にも出て来ている。

IRの秋元議員もそうだ。仮釈放されたが直に記者会見を開き自分の言いたいことだけを言って、国会の証人喚問には出ないと言う。理由は「刑事被告人として係争中だから」と言う事だ。それなら記者会見など開くな!!と言う事だ。弁護人を介さない個人の公式発言だから関係する人への何かのサインであったかもしれない。
事によると真実を隠すための一つの方法(口裏合わせ)を示唆していたのかもしれない。

国会の審議中に野党議員に対して「嘘つき」呼ばわりした安倍さん、本当の嘘つきは安倍さんではないのか!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント