最初の診察結果


今日、退院後初めての主治医兼執刀医の診察が有った。

私からは
1. 明るく感じられるとして昨日あげた写真を見せた。
言葉で説明するより客観的に感じてもらえるし、同じように感じてもらえるからだ。
主治医は「器用ですね、どうして加工したの?」と聞かれたが、昨日書いたことと同じように調光式の蛍光灯を利用したと説明した。
主治医も説明しやすかったようで「黄色が水晶体の濁りだ」と説明してくれた。

2. 手術した右目の目じりの視野が欠けている。同時に瞼が開かないと訴えた。
主治医からは時間が立てば元に戻るとの説明が有ったが少し不安だ。

3. 白内障のレベル2について質問した。
水晶体の濁りの度合いだと言う。医師の主観的な判断で決まるようだが、私が示した写真で黄色く濁った様な所からレベル2と判断したと言う事だ。

診察前に視力や眼圧を計った。
勿論、眼圧は正常で、視力は裸眼で0.4、矯正で0.7だったという。
私としては0.4は不本意だが、しばらくしたらもっと見えるようになるだろうと言う事だった。
矯正視力は1.2は難しいかもしれないが、暫くして安定すれば0.7より上がってくるだろうと説明してくれた。

私の主観ではあまり改善されているとは思えないが、経験のある主治医兼執刀医が言うのだから信用するしかない。

現在、眼鏡をしていない状態だ。この状態だと裸眼で0.3の違いが有り、しかも明るさや色味が違って見えるのでかなり不安定な状態だし右肩が凝ってくる。10日後には左目を手術する。それまでに安定してくれることを願うばかりだ。

結果は順調で、風呂に入っていいし洗髪、床屋に行ってもいいと言う事だ。
普通の生活に戻っていいと言う事だ。但し手術した目の所は強く抑えてはいけないと言う指示だ。

しかし、清潔に保っていないと感染症になる可能性もあるので、直ぐには今まで通りの生活パターに戻すのには勇気がいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント