タイミングを外して元に戻れないのではないか

新型コロナウィルスに新規感染する人が急速に増えているし、日本全国に広がっている。
昨日は最後まで頑張っていた岩手県でも遂に感染者が出てしまった。

大きな都市のエリアでは1ヶ月前に東京が経験した感染状況と同じような状況になっているし、地方の多くの首長が「第二波」、「緊急事態の発出をすべきとしている」し自治体でできることを考えながら住民を守ろうとしている。

しかし、どうだ。政府は一向に動かない。「最初の流行拡大の時と違う感染の仕方だ」、「医療関係でひっ迫した状況が起こっていない」、「経済とコロナ対策の両輪」の1点張りで次の施策が打てないでいる。

そればかりかGo To キャンペーンの続行を計っている。政府は一体どこを見ているのか? アメリカやブラジルの無知な大統領の後追いをするのか?

Go To キャンペーンは観光業界を救うための方策だと思う。政府はこの業界でいったいどのくらいの就労人口が有ると把握しているのだろう。これが発表されていないのでこの政策でどれだけの人が救われるかが分からない。 日本の人口は1億3千万人弱だ。この人口の何パーセントの人を救おうとしているのか?
間違いなく10パーセントにも満たない人たちだろう。その為に残りの90パーセントの人達を恐怖に陥れている政策は日本国民の為と言うより、政治家たちの利権に関わる事の方が優先されているだと思う。

明らかに、これは政治が間違っていると言っても過言ではない。

ここまで感染が広がっていて、中々軌道修正が出来ないのかも知れない。事によるともっと厳しい規制を出すタイミングを外してしまったのかも知れない。

しかし、「間違った」と思ったら一刻も早く修正する。反省して新しい方向に進むと言うのが、ごく普通の考えだし行動だと思う。

世界的にも再流行が始まっていて各国で色々な引き締め政策を打ち出しているのに、日本は感染拡大を助長する政策を取り続けている。

国民を恐怖の中に追い込んでいる今の政府の考え方は現実が見えていないのだと思うし、間違いなくおかしい。

軌道修正することは恥ずかしい事ではない。国民全員の為だ。早く、的確な指示を出してほしい。地方の首長たちもそれを待って更なる独自の対策が打てるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント