黙々と2時間半

散々草取りは嫌だと書いているが、矢張りこの時期には避けられない道のようだ。

雨が降る。その度に雑草はドンドン大きくなり、根がしっかりと張り葉が大きくなってくる。
少し広いスペースは雑草が大きくなる前に機械で耕うんすれば、雑草は見えなくなるし、上手くいけ肥料にもなるので草取りより楽な耕うんをしているが、マルチシートを利用している畝と畝の間はどうしても手で取らなければならない。

前回書いたサトイモの畝の間は防草シートを敷いてその部分は効果が出ている。しかし、サトイモの株の近くはシートが敷けないので草が茫々に生え始めている。ここは化成肥料を巻いてあるので草にとっても有り難いところなのだろう。

昨年の同じ時期にサツマイモの畝とイチゴの畝の間隔が狭くて両方の弦が絡み合った状態での草取りを書いていて、反省点としてこの2つの作物の間は離さなければいけないとしていた。

今年もこの2つの作物は隣同士だが、畝の間は昨年の2倍以上空けてあった。
この畝間にマルチシートを敷いていれば雑草も生えなかったと思うが、そこまで考えなかった。
その結果、ここには大量の雑草が生えてしまい、小さな林の様になってしまった。

そこで雨の上がった昨日、この雑草と向き合い2時間半も黙々と戦いを続けた。

上の写真が草取り前、いわゆるBeforeで、下の写真が除草後、Afterだ。

IMG_20200707_104322.jpg
IMG_20200707_122918.jpg
 

サツマイモとイチゴが何処にあるか分からない状態だったが除草後はすっきりして左にサツマイモ、右にイチゴと分かるようになった。

雨が降るとまた細かな雑草が出て来る可能性が有るので、雨が降る前に防草材を敷き詰めたい。

残った畑にはこの様な状態の所があと3ヶ所ある。つまり、一生懸命に作業してもあと1週間位は草取りに追われると言う事だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント